こんなことで
お困りではありませんか?

情シス担当者を採用したいが、
人件費が高く実現していない

情シス担当者はいるが、兼任で
障害復旧までに時間がかかる

システム監視を導入したいが、
費用が高い

クラウド情シス担当なら、
そんなお困りを解決します!

システム運用スペシャリスト
安価に確保

運用支援&システム常時監視
迅速な障害復旧を実現

専用監視ツールを標準で
無償提供

クラウド情シス担当とは

about

お客様のシステムの稼働状況の常時監視と、障害時の復旧支援をする、
クラウド型のIT人材サービスです。
お客様専任の技術者がチームとなり、
インターネット経由でお客様の重要なシステムの稼働状況を監視、運用を支援します。

クラウド情シス担当の業務範囲

scope of business

業務範囲の図

クラウド型のIT人材サービス

クラウド情シス担当

迅速な障害復旧には、
システム監視が不可欠!

理由

reason

1

障害発生に気付くことが重要

まずは障害発生に気付くこと、
それから判断すること

障害に気づいていない図

システム監視していない

  • 業務に支障が出るまで障害に気づけない
  • 復旧対応が後手に回る
  • 原因が特定できない
障害に気づく図

システム監視している

  • 障害への対処が早くなる
  • 夜間・休日でも気付ける
    • 下準備、心の準備ができる
    • 緊急対応要否の判断ができる
  • 予兆を察知できる

理由

reason

2

障害復旧スピード
=気付くまでの早さ

どんなに優秀な技術者をアサインしても、
サービス停止時間はあまり縮まらない

一般的な運用の図リテラシが豊富な担当者による運用

システム監視を導入していることで、平時から変化や予兆をつかみ、対応の準備をしておくことができます。障害が発生しても、サービスに影響が出る前に検知し対応を開始することが可能になります。これにより、利用者から連絡が入った時点では、既に復旧の目途がたっているという状況を実現できるのです。

常時監視運用

システム監視を導入していることで、平時から変化や予兆をつかみ、対応の準備をしておくことができます。障害が発生しても、サービスに影響が出る前に検知し対応を開始することが可能になります。これにより、利用者から連絡が入った時点では、既に復旧の目途がたっているという状況を実現できるのです。

クラウド型のIT人材サービス

クラウド情シス担当

クラウド情シス担当の
3つの特長

merit

1.雇用契約なし

社会保険や業務環境などの間接費も不要。
月額固定(月額12万円~)でシステム運用のスペシャリストがチーム体制で、お客様の運用をご支援します。

2.専用監視ツールを標準で無償提供

24時間365日、お客様の重要なシステムの異常をリアルタイムで確実に捕捉することにより、サービスに影響が出る前に、対応着手可能です。

3.スペシャリストによる運用支援

障害発生時には、ログ分析スペシャリストが、切り分けや原因究明などをご支援します。
また定期に、ログの中長期の分析や異常の傾向分析なども行い、予兆報告や改善提案なども実施します。

クラウド情シス担当の価格

price

標準契約 月額費用 初期契約費用
20
ノード
120,000円 150,000円

(税別)

  • 『クラウド情シス担当』の価格は、要員数、作業工数ではなく、ご支援対象となるIT機器(ノード)の台数に応じ変わります。
  • 標準契約を越えるノード数にも柔軟に対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
  • 『クラウド情シス担当』ご契約は、1年単位でのご契約となります。途中解約は申し受けかねますので、ご了承ください。

お問い合わせ

contact